突然腕時計が止まってしまい、仕事中に立ち往生。
当方、居酒屋のスタッフゆえ、飲み放題の時間に区切りをつけるために腕時計は必需品となっているのですが、それがある日突然電池切れ。
お客さんもきれぎれ!091004_0023461

まだ20代前半のお客さんに「おいおっさん、どないしてくれんねん」てな罵詈雑言を浴びせられたときのショックといえば、そりゃぁないですよね。まあ、売上げが上がってないときのへこみ具合よりはまだマシですけど。
普段売上げが上がっていない状態で、たまに入ったお客さんがそんなんだったらもう気分は最悪。

ところで電池で動いている腕時計って、特殊な道具がない限り電池を入れるフタを開けられないような作りになっているんですよねー。
電池が切れたら時計屋さんに出向いて電池交換を頼むしかありません。

電池交換の費用って、電池代金だけなら数百円ですけど、時計屋さんに頼むと技術料金やら手数料が上乗せされちゃいます。
けど、どうして時計メーカーはユーザーが自分で電池交換できないような時計を製造するんざんしょ?
時計は精密機械ですので、プロじゃないと電池交換できないってわけじゃぁないと思うんですよね。以前、セイコーでは裏フタをコインで開けるように設計した、自分で電池交換できる腕時計を発売したことがたしかありました。
だけど自分で電池交換したら時計を壊しちゃいそうでコワイっていう理由や、防水性が不安だ、なんていって時計屋に持ち込まれるケースが多く、結局この時計は製造中止になっちゃいました。

商品名を忘れちゃったけど、確かにそういうのんがありましたね。

まあ、素人が腕時計のフタを開けると中にゴミが入ったりしかねないわけですので、やっぱ時計の電池交換はプロにお任せした方が無難なのかも知れませんね~

ともあれ大阪で鍋がめっちゃ美味しい居酒屋といえば、とん彩やをよろしくです!

【目次】関西おすすめツーリングコース忘備録

おすすめツーリンググルメスポット【目次】

ナナハンバイク整備記録(CB750 RC42)【目次】

バイク駐車場及び駐輪が可能なスポット【目次ページ】

ナナハンパパの押しがけツーリング紀行文&グルメ日誌

----------------------------------


トップページに戻る
ツーリング帰りやバイクの集いのあと、ちょいと居酒屋へいこうなんて気分になったらこちらがおすすめ。