ちまたにあふれかえっている「新発売」。CBナナハンになんて乗ってるからか、とんとそういった言葉に興味はなく、ゆえに新しいもの好きの方々のハートをいまだがっちり掴みきれずにいる小商売人。まいどおなじみイマム室長です。かみさんげんきです。

横顔

よーく見ていると、一番長く「新発売」をうたう商品は薬品だ。薬品は開発スタートから厚生労働省で認可されるまでに10年以上かかるものもある。そのため、次の新商品が登場するまでにとってもとっても時間がかかるため、「新発売」と宣伝する期間もそれに伴い、当然長くなってくるというわけなのだろう。

家電製品は業界の基準で発売後一年を超えた商品には「新」や「ニュー」という言葉をつけてはならないと決められている。最近はモデルてぇんじの臭気――おっと失礼。周期が一段と短くなっているため、新製品が出た時点で「新発売」という言葉を使用しなくなっている。

お菓子の場合は暗黙のうちに1~3ヶ月で統一されているのだとか。行楽シーズンである9月から11月にかけて新製品が出ることが多いため「新発売」とPRされるのは基本的に年内が多くなる。車の場合も最近は発売から2ヶ月ぐらいが常識とされているのだそうな。

友達が経営している居酒屋なんかにときたまのみに行くと、去年からずっと同じ張り紙に「新発売」と書かれてジーマ500円 みたいな感じ。
それ見て思いついた今日のブログでしたー。とん彩やもレトロな雰囲気バンバンブーな店ですけど、大阪のグルメといえばとん彩やといわせるだけのものがあるのは、実に新商品が登場するそのサイクルと、ホームページ上で掲載されている漫画のおかげです。

よかったら是非みてやっておくんなまし

関西近畿おすすめツーリングバイクコーススポット
------------------------------
ナナハンパパの押しがけ大阪グルメ日誌&子育て関西ツーリング紀行文
ナナハンパパのトップページへ戻る