とん彩やのような居酒屋につとめているからか知らんけど、いったいなぜ一日の食事は3回と決まっているのか疑問に思う。
一日の食事は朝・昼・晩の三食と相場が決まって居居るけど、じつはこの食習慣、日本ではわりと最近になって定着したものなのである。
たとえば古事記や日本書紀が書かれた8世紀には食事は朝と夜の2食しかなかった。室町時代になると戦場での習慣から武士が3食となりやがて町人にも拡がっていったが、定着するまでには至らずに明治になっても1日3食きっちりと食事をとっていたのは金持ちと工場労働者くらいのものだったといわれている。

つまりほとんどの日本人が1日に3食食べるようになったのはつい1世紀ほどまえのことというわけなのだが、ではなぜ3食獲るようになったのだろうか。
大阪大学の研究結果によれば、文明が進むにつれて頭脳労働の時間が長くなり、そのためには栄養(なかでもとりわけブドウ糖)をとらなければならなくなったからだという。大阪大学は肉体労働という点では昔も今もそう変化はなく、この先もっと脳を使う社会になれば1日に4食食事を摂らなければならない時代もくるかもしれないと可能性を示唆しているそうな。
めし
秋といえばタケノコ。
それよか、鍋ですよね。

関西近畿おすすめツーリングバイクコーススポット
------------------------------
ナナハンパパの押しがけ大阪グルメ日誌&子育て関西ツーリング紀行文
ナナハンパパのトップページへ戻る