本日は、日本にいながら英国風の山荘が楽しめる「大山崎 山荘美術館」を紹介します。

展示の中でも有名なのがクロード・モネの【睡蓮】です。中庭に【睡蓮】をおもわせる池があります。

ここの美術館のいいところは、展示品だけじゃないんです。ドア・トイレ・棚・時計など建物すべてがレトロで趣があり楽しめます。

企画展などもあるので、チェックしてから訪れてくださいね。

場所は京都府の乙訓郡大山崎町にあります。

【大山崎 山荘美術館 景観】

アサヒビールが運営しているのですが、こんなに素晴らしい建物を残してくれているのは良いこと事ですね。スーパードライ万歳

【大山崎 山荘美術館 入り口】

入り口からして期待出来ますよね。中は写真撮影禁止なので、自分で見て下さい。素晴らしいの一言ですよ。

【大山崎 山荘美術館 トンネル】


山荘美術館にむかう道の途中にはレンガ造りのトンネルがあって、昔にタイムスリップしたような感覚になりますね。

【大山崎 山荘美術館 庭園】


庭園があるので四季折々の風景が楽しめます。紅葉の時期も綺麗なのでお勧めです!

【大山崎 山荘美術館 新館への通路】

新館の建築は安藤忠雄さんです。この廊下からして安藤建築の匂いがぷんぷんしてますね。

【山崎蒸留所】

近くにはサントリーの山崎蒸留所があります。日本の誇るシングルモルトウイスキーの名作【山崎】を作っている蒸留所ですね。見学も出来るので、予約してから行きましょう。試飲もあるので、バイクは置いて電車で!

【ルート紹介】

とん彩やがある大阪福島区からだと距離が約35km!1時間程で到着ですね。

大阪からだとすぐに到着なので、高槻から亀岡に抜ける6号線で山道を楽しんでから行くのもオススメ。

例によって、スタート地点は「とん彩や」がある大阪市福島区福島5丁目10-13に設定してあります。

【スタート地点】大阪市福島区福島5丁目10-13 とん彩や
【到着地点】大山崎 山荘美術館


より大きな地図で 大山崎 山荘美術館への運転ルート を表示

美術館で目を肥やしてきたら、「とん彩や」の豚料理とビールでお腹も肥やしましょ!宴会のメニューもあります!ツーリング・バイクの話を聞かせてね。

関西のめちゃくちゃおすすめツーリングコース【目次スポット】


ナナハンパパの押しがけツーリング紀行文&グルメ日誌
----------------------------------
トップページに戻る