またもや行ってまいりました。ツーリング。
今回は奈良県へGOです

IMG_1205


こにゃにゃちわ、大阪福島駅グルメ豚肉居酒屋とん彩やのイマム室長です。にゃん塚先生。今回、またしても遅刻をしてしまったこと、ここで平にお詫びいたしまする

かなり辺鄙な場所で待ち合わせをしているため、食い物も飲み物もない状況の中、20分という時間をどのようにお過ごしだったか、想像すればするほど罪悪感に苛まされて…スミマセヌ。

ところでツーリング自体は今回も最高でした なんだか得をさせてもらってばっかりで申し訳ないんですけど、ご一緒させていただく以上、遠慮なくずっぽり楽しませていただく所存です!

今回はチームリーダーのごろーさんと、スゥイーパー専門の杉本部長が不参加ということだったのですが、久々に笠松っちゃんが参加できたことと、そして今回ようやく初めてN社長こと、〝ナサさん〟と一緒に走りに行くことができて大変光栄でございました。やっぱり、ツーリングは一人で行くよりもみんなで行ったほうが面白いですね

なんでも、ごろーさんはせっかく買ったドカティ996をセッティングしている最中にたちごけしてしまい、クラッチレバー等に損傷を負ったうえ、心のほうにも深手を負ったせいで不参加だったということなのですが、どういった事情があるにしろ、気まぐれなのがゴローさんであり、わがままなのがゴローさんです。大胆でかつ繊細なところがあるのはもとより承知しておりますし、ツーリングの約束は義務でもなければ仕事でもないので、行ける時、行きたいときにご一緒してくださればそれで結構でございまする。なので、どうぞ落ち込まれないように~

私は一人でバイクに乗ってどっかツーリングへ行くっていうことがほぼ全然ないので、仲間がいなければ、幼子二人を抱えてなおCBナナハンなんぞを所持していることに意義や価値などなくなってしまうことになります。どうぞ末永くお付き合いくださいまし!

ほんと、去年までの数年間はバイクなんぞただの通勤手段にすぎなかったし、ただの通勤手段でしかないのであれば、べつに維持費の安い原チャリとか100ccぐらいのスクーターでいいんやないの? みたいな提案が大蔵大臣から出てくる始末でした。けど、コストパフォーマンスで計測すべきないのがバイクというもの。なにせ、無駄な乗り物であることはもともとのことですから。

こういったブログを書き始める以前は、4月から11月の間、多い時で毎週のようにツーリングに出かけていたものですが、いっとき日曜日も営業をするようになって以来、何かの歯車が狂い始めてしまいましたね

それに、きつい人たちと一緒に走りにいくことが多かったので、何かと問題も多くございました。バイクは楽しく乗ってなんぼです。

しかし最近の当方のツーリング事情といえば、年配のベテランライダーに恵まれたせいか、目的地もなく走りに行っても面白いことこの上ありません。いつも朝家を出て、暗くなる前に帰ってくるのですが、昼の3時を過ぎた頃になると、もうそろそろ終わりが見えてくるので名残惜しくて仕方がない。まあ、そんなときは次回の計画を練りながら帰路を楽しむことにしておりますけどね。

近頃、たいてい、にゃん塚さんを先導にただついていくルートがほぼほぼなのですが、置いて行かれても待っていてくれるし、ちょうどええところでちょこちょことトバして下さるので、「ああ、バイクってこういう風に乗る乗り物だったのね」みたいな感じで、7年目にしていまだ悟ることの多い最近のナナハン事情 私が先導することもこの先あるやも知れませんが、もうちょい今の環境の中で経験が必要です。完璧に計画を立てたうえでなければ一般道ばっかりのルートばかりになり、きっと面白くありませんね。地図を見て、いきなりぶっつけ本番でルートを選択するノウハウがまだ当方にはござーせんわ

IMG_1207

社長。

今回は社長が先導してくださるシチュエーションも多々ありましたが、さすが何十年もバイクに乗っているだけあって、年輪を感じる走りでした。次回はたぶん7月の20,21日に一泊で行くツーリングが次の機会になると思うのですが、この時もいけたらぜひご一緒してほしいです!!



今回いったルートって、だいたいこんな感じだったんでしょうかね?
名阪小倉のインターを降りたあとのルート、こんど詳細をぜひ教えてくださいまし。かなりの快適具合だったゆえ、名ツーリングルート百選に入れても問題なさそうだったわりには交通量が少なく、間違いなく穴場ってことになってくると思うのですが。

6月末の日曜日であれだけ快適に走れたら秋口におさらいツーリングに行っても全然楽しめそうですよね。
あそこからもうちょっと東のほうへそれていき、紅葉の楽しめる香落渓(かおちだに)あたりをかすめるようなルートで行けたら最高です。

ところで7月の20、21日の連休なんですけれども、当方もせっかく店をしめてツーリングへ行くってことなので、目いっぱい楽しめたらいいな~っていう想いでいるのですが、ルートが定かでないのなら、こういった感じでどうかな~っていう風に思っているんです。

なんだか、どういう風に設定しても、グーグルマップが言うことをきいてくれません。もいちょっと、海沿いをぐるりと回るルートを想定しているんですが、、、、。どのみち、この通りのルートを通るってわけじゃないから、まあ、いいか。



ざっと500キロの道程なのですが、中間地点が日本海側ってことなので、夜の飲み会が楽しみなルートなんじゃないかな~って思っているんですよ。

このルートの中でも当方が先導できるおすすめポイントは体験データとして持っていないので、年配の方々の知識とか経験に依存することにはなるのですが、このあたりのルートで問題なければ、2週間後、ぜひ一緒にどうかな~っていう風に思ってます。

今のところ笠松っちゃんもいけそうな雰囲気ですし、佐藤君っていう31歳のSRのりも参加したがっているので、ちょっと大人数にはなりそうなんですけれども。って言っても、最大で7台、8台のラインなので、このあたりがぎりぎりなんかな~っていう感じですかね。少なかったら2、3人ってこともあると思うんですが、それはそれで楽しそうでしょう。僕と二人っきりとかね

当方は、だれか一人でも一緒に行ってくださるなら当日のツーリングは決行いたします。

IMG_1222

これは先日、針のインターへ行ったときの写真ですね。

なささんが友達と合流するからっていうことだったので、急きょ私らも便乗する形で再び北上したのですが、ここから小倉→月ヶ瀬までのルートが最高だったんですね。

ブログに貼り付けている地図は正確ではないのであしからず。髪の毛切っといてよかったわ。ヘルメットの中がめっちゃ暑い!

で、夜は福島区にゆかりのある者同士で居酒屋行って飲んでたんですけど(にゃん塚さんは家が遠いので直帰、なさ社長は急務で不参加)、ちょっと一杯だけのつもりが、案の定ですわ

夕方に解散したら、できるだけ早く家に帰るから、っていう風に言って家を出たのですが、日暮が近づくにつれ、やっぱり酒の場が恋しくなってくるのが人間ってやつです。

IMG_1223

いや~

笠松っちゃんとも久しぶりに走ったことですしね。

たしか去年の8月に免許とりはって、SR買いはって以来、その10月に伊賀上野へ行き、そっからどっか行ったかな?
何回か走りに行ったような感じだけど、最後が正月でした。1月のくそ寒い中、天理あたりまで行って以来、ずっとバイクの付き合いはなかった。存外、今回のツーリングが今年初の本格的ツーリングだったんですよね~。

せっかくバイク買ったわけだし、好きで乗っているんだから、お互い楽しまなきゃ損だし、知らない世界があるなら知っておいて糧にならないことはないですからね。

お互いいい仲間に恵まれたと思いますよ~


IMG_1232

というわけで、本日の反省会ということで、とん彩やの近所の日曜日も営業している安い串カツ屋に行ったんですが。

ここは日ごろからとん彩やの閉店後に笠松っちゃんとちょこちょこお邪魔している串カツ屋なんですけど、安かったり旨かったりで、まあまあええ店です。

同じ福島区で居酒屋やっている者同士、敵に塩を送るわけにはいかないのでこれ以上の記述は避けておきますが。

IMG_1234

夕方の五時半ぐらいにここへきて、串カツ10本ずつぐらいと、あてをちょこちょこ。ビールとか酎ハイを10杯ずつぐらい飲んでいるうちに時計を見ると夜の12時近くになっていましたな。

IMG_1236


ちーんPM11:30

う~ん、やっぱりこうなりますな。前々回ぐらいに京橋のほてい寿司で飲んだときも、みなしてこんな感じでした。酒豪ばっかりの集まりだもんで、10人で飲みに行ったら、普通にお会計のレシートに「生ビール100杯ぐらい」っていう風にほぼほぼ記載されてますわ。

そのあたりはどうでもいいとして、楽しいバイクライフはまだまだこれから。

来年も再来年も、末永くお付き合いのほどお願いいたしますね


  • 【目次】関西おすすめツーリングコース忘備録
  • おすすめツーリンググルメスポット【目次】
  • ナナハンバイク整備記録(CB750 RC42)【目次】
  • バイク事故のコーナー
  • バイク名鑑目次ページ
  • バイクについて【目次ページ】
  • ナナハンパパの押しがけツーリング紀行文&グルメ日誌

    ----------------------------------

    トップページに戻る
    宣伝

    このブログは安くて美味しい居酒屋とん彩やと、それに関連する面白コンテンツを、一人でも多くの皆様に知っていただきたいという思いで、とん彩やスタッフの手により運営されております。

    記事が面白かったら、こちらもどうぞ宜しくお願いします。

    グルメ

    こちらはとん彩や福島店のご案内です

    とん彩や福島店
  • 豚鍋、豚しゃぶ
  • 大阪福島駅からのルート

    面白コンテンツ
  • ミステリー
  • 関西バイクツーリング
  • 似顔絵