こにゃにゃちわ、とん彩や福島店のイマム室長です。

うっかりバイクを失ってからはや半年ほどが経とうとしているでしょうか。
おりしも勤務先が変わり、現在保持しているスクーターのほうが通勤には便利ではあるけれど、時間が経つにつれ、やはりきちんとしたバイクが恋しくなってきている今日この頃です。

このブログを更新するのもたいへん久しぶりのもので、もう続けて行く資格失っているよね、っていう気はしていたのですが、ドメインを削除するには思い出が重過ぎて捨て切れませんでした。それに、「ルート情報が詳しいのでけっこう重宝してます」などといったコメントをいまだにもらうこともしばしばありますので、当方、今ではすっかりバイク乗りではなくなってしまったけれど、このブログばかりはやっていく価値はあるのかな~なんていう風に思うにいたりました。

2015-02-03-14-04-40

おー。 なつかしのCB750RC42  ( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ ブラボー

モリワキワンピースショート管、タックロールパイピングシート、アップハン仕様。
それがいまやこんな姿に。

シグナス

え?



車種のことですか。車種はシグナスですよ。ヤマハの。そうです。よく街で見かけるやつです。



え?
排気量は125ccです。自動車専用道路は走れないそうですね。

ナンバーはピンク色です。二人乗りはできますよ。



え?
何に使っているのかって?


横に自転車うつってるでしょ。それと似たような役割ですよ。

具体的に?
目下のところ、朝に子供を幼稚園や保育園に(長男と次男で交代ごうたいで)送って行き、その足で会社に出勤します。ようは足代わりですね。



え?
なんでこんなもん選んだんだって?


うるさいなー

でも実際、痛いところです。しかしまあ、いうなれば、ナナハンを手放さざるを得なくなった直後、エンジンのついた二輪車があれば、なんとかなるんじゃないでしょうか、ということで、しかし資金的にナナハンを再調達することができなかったため、こういう車種になってしまったわけです。

まあ、これでも十分ツーリングは行けるでしょう。


??

(´ェ`)ン-…  ソウネ…  デモ、タブンミンナイヤガルカナ…  だと?
ヽ(`Д´)ノゴルァァア!!



嘘です。逆切れしてごめんなさい  (:D)| ̄|_  プリプリ



ていうか、まあ、すでにご存知の方も多いことでしょうけど、当方、とん彩や福島店の現場を離れ、遠藤君に店長の身分をあずけてちょっとトラバーユ中っていうか、なんていうか。いちぶでは自分で作った店から自分が出て行って、人にまかせたところで自分の生活資金調達でけへんからわざわざよそで仕事してって。  ってか、それって本末転倒(*ノ∀ノ)ヤン♪っていう話もあるねんけれども、だがしかし東村山市、あのまま当方と遠藤君の二人きりであの店の現場にいても、社員ふたりじゃかつかつでしょう~みたいなノリでいたところで、いつまでたってもジリ貧だからというわけで、いっそのこと私ことイマム室長が現場を抜け、出稼ぎにいき、次なる店舗出店に向けて資金調達を試みようという段階へきている現在、私自身、ナナハン乗り回してブイブイやっていられる身分じゃないでしょ、っていうのもあるんですけど、せやけど、いまあのナナハンが五体満足無事の状態できちんと車検も通した上での良好なシチュエーションのもと、自宅の茶りん個置き場に静かに保管されていたとしても、今頃はとっくにバッテリーが上がって、シートの下でガスケットとかを腐らせて行く日々だったに違いないでしょうね。

だって、いまの仕事、けっこう忙しいし。。

けど遠藤君の話をきいていると、いまでもけっこうバイク乗りの方きてくださってますよ、とのこと。


そもそもこのブログは、当方イマム室長が自分がバイク乗りであることをいいことに、ツーリングブログなんぞを立ち上げて、あわよくばとん彩やにバイク乗りの方をお客さんとして誘致しようじゃないかーーー!!! コルァ!!(「゚益゚)「  っていう、きわめてえげつない邪な野心から始まっているブログであるため、バイク乗りじゃなくなってしまい、かつ、とん彩や福島店の現場からも離れてしまっている今であれ、なお集客魂の火が消えていなかろうと、別段おかまいなしなはずなんじゃないかしら? (〃ノωノ)ハズ


というわけで。


当方、趣味でミステリー小説を書いており、今年の一月末に提出した第62回江戸川乱歩賞の応募原稿 題して「白煙」に登場してきた謎解きのためにたどって行ったツーリングルートは、大阪泉佐野から東へ向かい、伊勢鳥羽志摩を経由する志摩半島半周一泊の旅から尾鷲を経由して大台ケ原、十津川で遊び、新宮那智勝浦を通過し串本から白浜へ北上、その足で豊岡にあるホテル大丸を目指し、そこでふたたび一泊をした後、翌朝早朝に竹田城跡、舞鶴、経ヶ岬――





これらを腹いっぱいめぐりめぐったあと、経ヶ岬からあまるべ鉄橋を経て湯村温泉、一泊のち、桑名をめざす道順であった。






去年だったかなー それともおととしだったかなー。
とん彩やのお客さんと一緒に経ヶ岬、あまるべのルートは一泊で走りましたねー。
仕事とプライベート、両方の面でいろいろな変化がめまぐるしく起こっている真っ最中だったので、楽しかったというよりはアップアップしていたな~っていう実感がまだ新しいんですけれども(^Д^)ワラタwwwwwwwwww。

ちょうど今の状況を作り出すためにいろいろと根回し裏工作、準備開拓はかりごとの真っ最中でした。
祖母が亡くなったり等、ほんとにいろいろとありましたね。_/\( *゚益゚)ノ゙ ゲラゲラ  


「白煙」の中では、事件のなぞを解くために桑名までやってきた主人公の汐見が、物語の登場人物(女性)と二人きり、琵琶湖の湖畔をめざしたしっぽり濡れ場ならぬ、しっぽりツーリングシーンが登場する。それがこのルート。



うまく表示されにくいなー 。 グーぐるマップが言うことをきいてくれない。 306号線を通る酷道ツーリング。

いわゆる三桁の国道ってやつですねー。ここだけじゃなく、このあたりにはけっこう走り応えのありそうな道路が東西南北存在し、金がありゃあ、春日井あたりに別荘でも欲しいっすねー (o'ω'o)ノシ  って思うぐらい。

暇とバイクがありゃ、大阪からてくてく一泊で乗り出して、このあたりを走破するのも楽しそうなんですがね ・゚・(PД`q。)・゚・

かなうかな、その夢?

以上、バイク乗りじゃななくなっちまったけど、ブログは続けて行ってみよう。

 (ノ゚Д゚)ヨッ社